ZaitakuHacker(ザイタクハッカー)

Read Article

『第7回介護作文・フォト・ムービーコンテスト』入賞作品が発表されました!

『第7回介護作文・フォト・ムービーコンテスト』入賞作品が発表されました!

写真は、フォト部門最優秀賞に輝いた、ヘンキ アプリドナル トマスさん(京都府/介護職)の「お世話になります」、「こちらこそ」です。

公益社団法人全国老人福祉施設協議会が主催している『第7回介護作文・フォト・ムービーコンテスト』は、日本社会が直面する“高齢化社会”“介護社会”という課題を、より身近に分かり易く伝える広報事業として2008年よりスタート。今回は、作文、短文、フォト、ムービーの4部門で作品を募集し、北海道から沖縄まで、日本全国から1,162点もの作品が集まったそうです。

どれも素晴らしいのですが、作文(エッセイ)の学生部門の馬籠美幸さんの(栃木県/専門学校生)「看取る家族の闘い」は、自らの介護体験をこれからの仕事に活かしていこうという前向きな文章が涙をさそいます。

一方で、ムービー部門で優秀賞を獲得した、亀岡雅人さん(栃木県)の「ご利用者様の笑顔を作るための職員への教育」は、思わず笑ってしまうのですが、その努力(ネタばれするので詳しくは書きません)が微笑ましい!

介護職や、介護職を目指している学生さんだけでなく、介護を経験したご家族のからの作品も素晴らしいです。ぜひ、お時間みつけてご覧ください!(公式ページへのリンクは下記参照のこと)

MEMO
・「介護」を伝えるためのコンテスト
・【(1)作文(2)短文(3)フォト(4)ムービー】の4部門
・日本全国から1,162点もの応募あり

Good Point
・介護サービスを提供している方の気持ち、ご利用者さんの家族の気持ちが「作品」を通じて心にしみます!

リンク
『第7回介護作文・フォト・ムービーコンテスト』公式ページ

Return Top