ZaitakuHacker(ザイタクハッカー)

Read Article

予告:在宅医療/訪問診療クリニックの ‘リアル’ な現状をシェアする新シリーズ開始!

予告:在宅医療/訪問診療クリニックの ‘リアル’ な現状をシェアする新シリーズ開始!

こんにちは。みどり訪問クリニックに2014年春から務めている新米事務員・赤井 角(アカイ ツノ)です。10月20日から『ZaitakuHacker!』では待望(?)の新シリーズ、『Dr.カンの「在宅医療/訪問診療クリニック開業記」』をお送りすることになりました!パチパチパチ。でも仕事が増えて大変ですorz。

ただ・・・。この企画はスゴイです!

開業に当たり、コンサルタントなどを一切入れずに全ての手続きを自分で行った、「Dr.カン」こと姜 琪鎬(カン キホ)院長の経験を全部シェアするのです。しかも、開業から3年目を迎え、やっと形になってきた当クリニックの運営ノウハウまで・・・。「そこまで教えてしまうのですか??」と心配になるくらいです。往診車はセダン型がいいのか?ハッチバック型がいいのか?そんな細かいことまで。

「競合が増えて当クリニックの経営に支障が出るのでは?お給料が減ると困ります」と、院長に生意気な発言をしたところ、「大丈夫だよ(笑)。在宅医療/訪問診療の領域はまだまだブルーオーシャン。それに、患者さんやご家族のためには在宅医療・訪問診療に携わる医師がもっと必要だしね」と、あっさりかわされてしまいました。

そっか、医療に従事する者としては、患者さんやご家族のことを一番大切にしなくてはいけませんね。でも「ブルーオーシャン」ってなんだろう??青い海?沖縄?ハワイ?青い珊瑚礁は松田聖子の2枚目のシングルだけど・・・。どうやら経営の世界では当たり前の用語らしいのですが、経営の本なんて読んだことのないボクにはさっぱりです(汗)。

わけがわからずに青い珊瑚礁を口ずさむボクを見て気付いたのか「赤井さん、経営の知識がなくても心配いらないよ」と、励ましてくださる院長。経営の世界には様々な理論があるそうですが、その中でも実際にクリニック経営に役立ったモノをピックアップしてわかりやすく解説してくれるとのこと。

あ・・・。院長は医師でありながらも、米国でMBA(経営学修士)を取得したり、一般企業で役員を務めたりと、経営のプロでもあったんだ。これは初心者にもわかりやすく解説してもらいましょう!プロですからねー(急に強気)。

在宅医療や訪問診療に興味がある先生や、ご両親から病院やクリニックを継承する先生だけでなく、ちょっと開業医のことをのぞいてみたいという先生にもおススメな企画となることでしょう。

10月20日からはいよいよ本編スタート!「なぜDr.カンは、コンサルタントの手を借りずに在宅医療・訪問クリニックを開業したのか?」をお送りします。経営のプロだったから?いや違います。実は当初、「 Time is Money」をモットーにするDr.カンは手間と時間を省くために専門家に依頼しようと考えてました。しかし!開業コンサルタントのサービス内容を見て驚愕!!黒字化(自分が払うお金よりも、入ってくるお金が上回ること)までの時間がかかり過ぎる!!!

どういうことでしょうか?医療コンサルタントの収益モデルはもちろん、コンサルタントに頼まずに開業した結果、早々に黒字化を達成したDr.カンの開業術を公開していきます!

今後本編で配信予定のコンテンツはこちら(タイトルは仮、順不同、内容を変更することがあります)。

知っておきたい経営キーワード編

・コンサルタントの手を借りなかった理由(キャッシュベース)
・コンサルタントの手を借りなかった理由(累積黒字)
・コンサルタントの手を借りなかった理由(ブルーオーシャン)

訪問診療クリニックの開業編

・在宅医療 /訪問診療クリニックの開業手順
・お金の準備
・在宅医療 /訪問診療クリニックの開業場所
・オフィスに適しているのは?
・在宅医療 /訪問診療クリニックの開業に必要な手続き
・在宅医療 /訪問診療クリニックの開業に必要なモノ

訪問診療クリニックの経営編

・在宅医療 /訪問診療クリニックの診療報酬の仕組みの理解
・オペレーションのマネジメント
・在宅医療 /訪問診療クリニックの営業
・在宅医療に向く医師
・在宅医療を成功させるための3条件+α
・在宅医療経営で行き詰まる7つの理由
・クリニックの組織作りで悩んだこと
・在宅医療は挑戦好きな若手ほど活躍できる

coffee break

・訪問診療はアウトドア!道具について考えてみよう!
・最少の予算でオシャレなオフィスを作ろう!
・Dr.カンのおススメ書籍

などなど。→しつこいようですが、本当にここまで公開しちゃいます?院長・・・。はたして、「ブルーオーシャン」とやらは、ボクのお給料を守ってくれるのでしょうか?

今後の展開に乞うご期待!

Return Top